横浜こどもクリニック
インターネットからの予約はこちら
当クリニック内をGoogleMapインドアビューでご覧いただけます。


横浜こども病児保育室
24時間ネット予約はこちら

○ 余裕があります。
△ 残りわずかです。
× 定員になりました。

当施設内をGoogleMapインドアビューでご覧いただけます。
ご利用状況


ドクターズ・ファイル
ワーキングマザー必見! 横浜市西区初の「病児保育室」

予防接種(公費)

当クリニックでは随時無料で予防接種のスケジュールを作成し、お渡しさせていただきます。
発熱や風邪などによって、予定していた注射が受けられず、スケジュールが変更になった方でも再度スケジュールを作り直します。
ご不明な点や相談等ございましたら、気軽にお越しください。


ポリオ

ポリオってなに ?

小児麻痺と言われ基本は症状がないか風邪にかかったような症状が出ます。

<対象者年齢・回数>

生後3カ月から初回接種を開始し、3週間以上の間隔をおいて3回以上接種


4種混合

1期・・・初回接種 (DPT-IPV)

<対象者年齢>

生後3~90カ月未満(標準接種年齢:3~12カ月未満)

<回数>

3~8週間間隔で3回の皮下接種

<対象年齢>

初回接種終了後6カ月以上(標準:初回接種終了後12カ月以上18カ月未満)

<回数>

1回の皮下注射

2期

<対象年齢>

11、12歳

<回数>

1回の皮下注射
※DT(2種混合)ワクチンを用いる


BCG

BCGで予防できる結核ってどんな病気 ?

BCGワクチンで結核を予防します。
結核は咳や発熱が続く慢性伝染病であり、一般的には肺結核が有名です。また国内でも毎年3万以上の方が感染しています。

<対象者年齢>

生後6カ月未満
(平成25年4/1より「1歳未満迄」と期間が延長されます。)

<回数>

1回


MR(麻疹・風疹混合)

麻しん・風疹ってどんな病気 ?

麻疹(はしか)や風疹(三日はしか)は既に感染した人の咳やくしゃみが飛び散ることで感染します。
主な症状として麻疹は発熱や鼻水など風疹は発熱のほか発疹や首のリンパが腫れるなどあります。

[1期] 麻疹・風疹混合ワクチン

<対象者年齢>

生後12~24カ月未満

<回数>

1回の皮下注射

[2期] 麻疹・風疹混合ワクチン

<対象者年齢>

5歳~7歳未満で小学校就学前1年間(就学前年度4/1~3/31)

<回数>

1回の皮下注射


日本脳炎

日本脳炎ってどんな病気 ?

日本脳炎は感染した豚の体内で増えたウイルスを蚊が媒介して感染するので、人伝いで直接感染することはありません。
主な症状として高熱や嘔吐、けいれんなどがあり中には意識障害になる場合もあります。

1期初回

<対象年齢>

生後6~90カ月未満(標準年齢3歳)

<回数>

1~4週間間隔で2回の皮下注射

1期追加

<対象者年齢>

初回接種後おおむね1年後(標準接種年齢4歳)

<回数>

1回の皮下注射

※日本脳炎救済措置の対象者
平成25年2/1より従来の「平成7年6/1生まれ~平成19年4/1生まれ」から「平成7年4/2生まれ~平成19年4/1生まれ」に期間が延長されました。


肺炎球菌

肺炎球菌ってどんな病気 ?

肺炎球菌は、インフルエンザ菌と並んで子どもの細菌性髄膜炎や菌血症といった感染症の原因菌とされています。
髄膜炎は早期診断が難しい病気で、死亡や重度の後遺症が残ることもあります。

初回接種

<①接種開始年齢>

生後2~7カ月未満

<①回数>

27日間以上の間隔で3回の皮下注射
3回目接種については生後12カ月になる前までに完了。
[追加接種]
一般的に生後12~15カ月の間に接種します。(ただし、3回目接種から60日間以上の間隔を空けます。)

※上記①の期間に接種できなかった場合

<②接種開始年齢>

生後7~12カ月未満

初回接種

27日間以上の間隔で2回の皮下注射

追加接種

2回目の接種後60日間以上の間隔で、生後12カ月を越えてから1回の皮下注射

<②注射開始年齢>

1~2歳未満
60日間以上の間隔をあけて、2回の皮下注射

<②接種開始年齢>

2~9歳以下
1回の皮下注射


Hib

Hibってなに ?

インフルエンザ菌b型という細菌による病気で、肺炎などの病気を起こし、5歳までにかかることの多い病気です。
髄膜炎は早期診断が困難で重症になりやすいで、重度の後遺症が残る方も少なくありません。

<対象者年齢>

生後2~60カ月未満

初回接種

<接種開始年齢>

生後2~7ヶ月未満

<回数>

4~8週間間隔で3回の皮下注射
※ただし医師が必要と認めた場合3週間の間隔で接種できる。

追加接種

通常、初回接種終了後おおむね1年後に1回の追加接種をします。


水痘(水ぼうそう)

水ぼうそうってどんな病気 ?

激しいかゆみを伴った赤い発疹が全身にできる病気です。発疹は水ぶくれ・かさぶたになり、肺炎や脳炎等を合併することもあります。

<対象者年齢>

1歳を過ぎたら接種できます。低年齢児で流行するので、保育所や幼稚園等の集団生活に入る前の早いうちに接種するのがよいでしょう。

<回数>

2回接種

子宮頚がん

子宮頸がんってなに ?

20~30代の女性が発症するがんの中で子宮頸がんが1番多く、
国内においては、子宮頸がんが原因で「10人前後/日」の女性がお亡くなりになられています。

<対象者年齢>

公費対象年齢 中1~高3

<回数>

3回接種(1回目の接種からカウントし、1カ月後と 6か月後に接種します)


予防接種の予約はこちら